ヘッダー画像

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー)

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー)住宅について

zeh我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030 年までに新住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
株式会社三幸ホームズでは、この事業の趣旨ならびに、「ZEH ロードマップ」の意義に基づき、自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEH 含む)が占める割合を 2020年までに50%以上とする事業目標を掲げ、これの実現に努めます。

株式会社三幸ホームズのネット・ゼロ・エネルギー・ハウス( ZEH )普及目標 

平成28年度目標 平成29年度目標 平成30年目標 平成31年度目標 平成32年度目標
0% 15% 25% 35% 50%
具体的なZEH普及策
  1. 弊社ホームページやチラシにおいてZEHの取り組みや登録していることを告知いたします。CW断熱や発泡系の断熱材を採用し、外断熱工法にてより高い断熱施工を行います。新築のサッシは断熱サッシを採用し、既存住宅には、内窓やカバー工法をお勧めします。
    ZEHビルダー決定通知番号:SII-28ZH0210130

 平成29年度ゼロエネルギー住宅(ZEH:ゼッチ)の補助金ガイダンス

まず、ZEHとは

ZEHは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創る ことで、一年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅です。


▼ZEH住宅イメージ図


目的

国が「2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー 消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅( 「ZEH」 )の実現を目指す」 とする政策目標を設定しており、 この目標に向けた誘導支援として補助金の交付を行っています。 この事業は、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)つまり、太陽光パネルで 発電したエネルギーで消費エネルギーの概ねを賄う住宅・・・このZEHを取得 または、ZEHへ改修する方へ一戸当たり75万を国が補助するというものです

補助金額:定額75万円+α
(上限額:補助対象額の1/3または40万円のいずれか低い金額)


対象 : ①ZEH住宅を新築される方
     ②ZEHの新築建売りを購入される方
     ③既存戸建て住宅をZEHに改修する方

申請者: 新築住宅の建築主
     新築建売り住宅の購入予定者
     既存戸建て住宅の所有者
     となっています。 ただ、実際の手続きについてはZEHビルダーが代行するのが一般的です。

ZEHビルダーとは

本事業に基づき、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標を掲げるハウスメーカー・工務店・設計事務所・リフォーム業者 建売住宅販売者等がビルダー登録していること

補助金申請の流れとして

公募期間内に公募して交付決定があってから工事着手となり、工事後、15日以内、かつ別途期間内に実績報告をします。

メリット

ソーラーパネルを付けて省エネ重視の住まいにしたいという方には とてもうれしい補助金です。


創業30年・・・
創業5年後から、健康住宅を提唱してきました。
「健・康・住・宅」?
いまでは高気密高断熱の住宅が当たり前の世の中ですが
当時は、この思想を取り入れるこが早すぎたのか
世の中にわずかしか受け入れられることが無く
しかもかなりの高額の坪単価での建築費となった為
限定されたお客様のみの受注でした。

弊社が売り出したのは、健康住宅の「こもれび・日だまりシリーズ」でした。
瀬戸内の温暖な気候を味方につけ、一年中室内のどこの場所に居ても春の気候を感じさせる
まるで、おうちをすっぽり魔法瓶で包みこんだ空間にして
空気を循環させるシステムを取り入れ、温度・湿度共に一定に維持するので、
おうちの中がとてもベストな環境状態です。
カビも発生しなく、冷暖房の急激な温度調整もしない為、
入浴時のヒートショックもなく健康的に過ごせる住宅でした。
さらに高気密高断熱との相乗効果で、省エネにもつながります。

この度のZEHの考え方は、まさに私の
あ・つ・い・思・いそのままです。
やっと 私の考え方と世の中が合致いたしました。
「俺の考えはまちがいないぞー」と内心思っています。

さらに創るエネルギーをプラスして、「最強な家創り」に
邁進することに今後の目標を掲げています。


このページの先頭へ